記事一覧

[トラブル手記]バッカみたい!Windows7マシンのインターネットがつながらなくなったと思ったら・・

 Windows7(64bit)マシンを1台作ってあるのだけど(ちなみにIntel6問題の交換対象マザボ(__;)、このマシンで今回遭遇したトラブルが、「インターネットに接続できない」。よくあるトラブルだとは思うのだけど、実際なると困るんだよねぇ~。なんたって、正常なサブマシンでもない限り、ネットを使ってのトラブルの訴求そのものが出来ないのだから。あ~困る。

 んで、色々迷ったあげく、診断ツールとか使ってみても、全然ダメ。診断ツールでは、どうやっても最終的に「有効なIP構成がありません」って出てきて、どうやらDNSかDHCPあたりがうまくいってないっぽい。このマシンに限らず、私の家のマシンはほぼ全てIPアドレスを固定してやってるのだけど、一端それを解除して、DHCPに頼ってみてもやっぱりダメ。ちなみにこの時、メインのXPマシンは通常通りネット出来てる。これ以外にも、全部のPCの電源切った上で、ルータの電源を切ってみたりとかいう基本的なこともしたんだけど、全然症状は変わらず。・・・あ~困った!これは再インストールしかないのかっ!?

 ・・・などと思っていたら、今回の場合、思わぬ所に落とし穴が。ネットワーク的にはPCと同等の存在と言っていいBUFFALOのメディアプレイヤー「LT-H90LAN」が、いつのまにかハングしていたのだ!これに気づいて、再起動させてみたら、あっさりWin7マシンのネットトラブルは解決・・・。なんじゃそれっ!!(ーー;)

 実はこのトラブルを解決しようと、先日長い時間かけてインストールしたWin7のSP1までアンインストしていたりしたのだ(もちろん症状は変わらなかったが)。それが、こんなちっちゃなトラブルの見落としが原因だったなんて、ホントバッカみたい!!


 ・・・まあとにかく、今回のメディアプレイヤーはちょっと別格としても、最近の家電は、TVやDVD(Blu-ray)レコーダーなどを中心に、ネットにつながるものが多々ありますから、そういったものがトラブルの原因になるって可能性は捨てきれないですよね。というわけで、こういうトラブルの時、接続等を見直す対象はパソコンだけじゃないっていうのが、今回の教訓なのでありました。。チャンチャン(~_~;;;
関連記事