記事一覧

au iPhone 4S契約の際に注意すべき事など(特に従来のauユーザー目線で)

 私は先日、普通のauケータイから、au iPhone 4Sに機種変更しました。その際、契約や手続き等で、色々気づいたこととか、あまりネットに載ってないような話などをいくつか。


★auの普通のケータイからの機種変更の場合、auショップやケータイ販売店などでは、アドレス帳などの移行は「やってくれない」。救済策として、auケータイ(EZWeb)でアクセスできるau oneアドレス帳というサービスにアドレス帳を預け、それをiPhone側で移行専用アプリ等を使って、iPhoneの「連絡先」アプリ(iPhone上のアドレス帳)に移行する、という手順を取ることになる。・・・つまり、「機種変更以前に、色々しなければならない」。このへん、特にこういうインポート/エクスポート的な話自体に弱い人には、かなりめんどい事になると思われる。

★当たり前な話かも知れないが、実際の契約の時、免許証等の本人確認書類は必ず持って行こう。特に、「本体実質無料」などとうたっている、分割払いによる本体大幅値引きの方を狙う場合(大概そうだろう)、一応「割賦契約」となるので、本人確認書類が最低限必要になる。また、既存auユーザーの機種変の場合、4桁のau暗証番号が必要になるが、それを失念した場合でも、本人確認書類があれば契約出来る。

★今書いた「本体実質無料」(16GBモデルの場合)とうたっている月々の割引金額だが、au以外からの機種変更や新規契約なら月2,140円割引と、確かに「本体実質無料」になるが、auからの機種変更の場合、割引額が月1,750円に減額されてしまうので、要注意。(これはあまり大きく取り上げられてない感じがするので、結構盲点的な話だと思われる)


(注!)ネット上の情報とかを見てると、通話プランは一定時間帯auケータイへの通話が無料になる「プランZシンプル」か、au同士の家族間無料の「プランF(IS)シンプル」の2択しかない様に思えるが、実は従来の普通のauケータイ向けプランも、ちゃんと選べる。特に従来の基本プランである、「プランSS~LLシンプル」は、例えば「プランSSシンプル」なら月980円で1,050円分の無料通話が付いてくるし、しかも余れば最大5,250円まで積み立てる事が出来るので、こっちの方が実はお得。しかも家族割適用で家族間無料通話も出来るので、正直「プランF(IS)シンプル」(月780円で無料通話分なし/家族間無料のみ)の存在意義があまりない(私の契約の時も、店の人がそもそもこのプランを提示しようとしなかった)。・・・なので、auケータイ持ってるお友達いっぱいなんて人は、一定時間帯au間無料の「プランZシンプル」を考慮すべきだし、それ以外の人は、普通の「プランSS~LLシンプル」の方を選んだ方がいいと思う。ちなみに、従来のauユーザーで、「プランSS~LLシンプル」を契約していて、前述したような積み立て分がある場合、契約をそのまま維持すれば、積み立て分もそのまま継続される。
(注!)・・・これは、そもそも本体がLTEに対応していない"iPhone4S"に限った話です。LTEに対応した"iPhone5"以降のLTEプランでは、そもそも無料通話分が撤廃されてしまったので、この話自体が通用しないことになります。


★iPhone自体の保証等は、Appleのそれに準じる。auの「安心ケータイサポート」とかは「使えない」が、代わりとして、Appleの「AppleCare Protection Plan」が提示される。これは単純に、1年の製品保証が2年になる、90日のAppleの無償電話サポートが2年になる、という程度のものだが、個人的には「絶対に入っておいた方がいい!」ぐらいに、強く薦めたい。それぐらい、Appleのサポート体制ってひどいから・・・(問い合わせの度に高額な手数料を取られたり、故障修理代が本体を買い換えられるぐらい高かったり・・・)。ちなみに料金は、auの支払いに上乗せする形で分割の325円×24ヶ月か、購入1年以内に一括で7,800円のどちらかを選べる(分割支払いはauオリジナルのサービスで、契約時にしか選べない。ちなみに、分割でも一括でも、合計金額は変わらない)。

★iPhone自体がそれなりに複雑な商品なので、契約とかの事務手続きが終わった後も、実際に開通して手元に渡されるまで、それなりに待たされる。ちなみに、特にSoftBank側で、iPhone 4S販売当初に開通手続きが出来なくなったりした話は結構有名で(開通手続き用のサーバがダウンした)、auも含めて、ショップ側が知識不足だったりすると、開通手続き自体がうまくいかなかったりするケースもある模様。(私はそれなりに待たされただけで済んだけど)

★全ての手続きが終わったら、既に使える状態にあるiPhone本体を渡してもらえる。ちなみに私の場合、両面にフィルムが貼られた状態(iPhoneの製品としての初期状態)で渡された。少なくとも、箱から出された状態で渡される事になるので、このへんが不安な人は、事前にケースやスキン、保護フィルム等は用意しておこう。

★晴れてau iPhoneユーザーとなったら、色々おすすめのアプリはあるものの、まずは「auお客さまサポート」をインストールしよう(前述のアドレス帳移動が先ではあるものの)。このアプリは、自分のau iPhoneの契約状態から通話料、直近の使用パケット量、直近の請求金額等が簡単にチェックできる、かなり優れものなアプリで、しかも無料(!)なので、入れておかない理由がないくらいである。

★auのキャリアメール(~@ezweb.ne.jp)は最初プッシュ通知(リアルタイム通知/着信したらすぐ通知)に対応してなかったが、2012年3月13日に、晴れてプッシュ通知(リアルタイム通知)に対応となった。該当するauホームページでの告知ページはこちらで、このタイミング以降の新規購入者向けはもちろん、それまでのフェッチ機能(15分毎にチェック)の利用を余儀なくされてた既存のau iPhoneユーザー向けの設定方法へのリンクもこのページにあるので、そちらを参照して設定されたし。


 ・・・とりあえず、私が気づいた注意点とかは、こんなところですかね。また気づいた事があったら、書き足します。
関連記事