記事一覧

[サッカー]12/13シーズンのUEFA Champions League グループ組み合わせが決定!!

 予備予選の最終段階、プレーオフも終わり、UCL本大会に臨む32チームが出そろいました(個人的には、イタリアのウディネーゼに残って欲しかった・・)。そして、日本時間の8月30日深夜にグループ分けの抽選が行われ、以下のようなグループ分けに決定しました。

<グループA>
ポルト (ポルトガル)
ディナモ・キエフ (ウクライナ)
パリ・サンジェルマン (フランス)
ディナモ・ザグレブ (クロアチア)

<グループB>
アーセナル (イングランド)
シャルケ04 (ドイツ)
オリンピアコス (ギリシャ)
モンペリエ (フランス)

<グループC>
ミラン (イタリア)
ゼニト (ロシア)
アンデルレヒト (ベルギー)
マラガ (スペイン)

<グループD>
レアル・マドリー (スペイン)
マンチェスター・シティー (イングランド)
アヤックス (オランダ)
ボルシア・ドルトムント (ドイツ)

<グループE>
チェルシー(イングランド)
シャフタール・ドネツク (ウクライナ)
ユベントス (イタリア)
ノアシェラン (デンマーク)

<グループF>
バイエルン・ミュンヘン (ドイツ)
バレンシア (スペイン)
リール (フランス)
BATEボリソフ (ベラルーシ)

<グループG>
バルセロナ (スペイン)
ベンフィカ (ポルトガル)
スパルタク・モスクワ (ロシア)
セルティック (スコットランド)

<グループH>
マンチェスター・ユナイテッド (イングランド)
ブラガ (ポルトガル)
ガラタサライ(トルコ)
CFRクルージュ (ルーマニア)


 ・・・近年、強豪国のリーグから、今までヨーロッパでは実績のないチームが結構UCLに参戦してきている影響で(ヨーロッパでの実績がないので、例えば初めてフランス・チャンピオンに輝いたモンペリエなどは、ポット4に振り分けられてしまう)、去年あたりからUCLのグループリーグでも「死のグループ」が形成されるようになってきましたが、今年の「死のグループ」の一番手は、明らかにグループDですね。レアル・マドリー、マンチェスター・シティ、アヤックス、ドルトムントと、超豪華な面子ばかりで、どのチームもコンディション調整とかメチャクチャ大変そう。・・それにしても、マンチェスター・シティは2年連続で「死のグループ」入りと、その運の無さは特筆ものですね(苦笑)

 グループDに次いで「死のグループ」の度合いが高いのがグループBでしょうか。アーセナル、シャルケは言わずもがなで、経済不安にも関わらず意外と強さを発揮するギリシャ勢のオリンピアコス、そして初参戦ながらフランス・チャンピオンであるモンペリエと、名実共に十分なチームがそろっているので、こちらもホント大変そうですね。(ただモンペリエは引き抜かれた選手も多いので、リーグとUCLの2足のわらじがちゃんと履けるのか、という段階からの心配がありますが・・)

 グループEやFも結構きつそうですよね。Eにはチェルシーとユベントスが、Fにはバイエルン、バレンシア、リールが同居しています。ここで挙げなかった他の同居チームも結構実力派なチームがそろっているので、このへんもホント苦労しそうです。


 ・・・どちらにしても、やる方にとっては確かに大変ですが、見る方にとっては、「死のグループ」が多ければ多いほど、グループリーグでの楽しみが増すわけで、今から9月18日のUCL本大会開幕が楽しみですね!!!
関連記事