記事一覧

解約済みau iPhone4Sを超簡単SIMフリー化! & IIJmioで月945円運用 Part.1-概要編

 先日、私は手持ちのau iPhone4Sを解約しました。解約したと言っても、私の場合、通話とメールの契約だけ残して昔使っていたauのフィーチャーフォン(ガラケー)に切り替えたというやり方でしたので、これの手数料2,100円と、残っているiPhone本体の分割支払い分ぐらいしか余計にかかる費用はありませんでした。

 まだiPhone本体の分割支払いが残っていたのに、わざわざ何でこのタイミングでやったかと言うと、iPhoneの使用状況や料金をチェックする度に、理不尽な思いが出てきて仕方なかったからです。・・・そもそも私の場合、iPhoneを外(自宅WiFi外)で使う機会や時間は大して多くなく、"DataWiz"というデータ通信量をチェックできるアプリを使って統計を取ってみても、一月あたり多くても300MB行かない、なんていう状況でした。それなのに、一番メインで使う家でのフレッツ光(マンションタイプ)の料金が約4,000円/月に対して、au iPhone4Sは約6,600円/月もかかっていました。・・・これはホントに、理不尽と感じるに十分な状況です。


 そこで、au iPhone4Sを解約し、格安のSIMを使ってデータ通信専用端末にすることで、通信費の圧縮を図ったというわけです。最初は、以前やっていた様に、モバイルルータでの運用を考えていましたが、色々調べている内に、おそらく法的にはグレーゾーンな話なものの、SIMロックのかかっているau iPhone4Sを、脱獄とかせずにSIMロック解除して好きなSIMを使えるツールなんてものがあるのを知りました。・・・実際、外での通信はiPhoneでしかやらないし、そのSIMロック解除ツールもだいたい1,000~2,500円前後と、モバイルルータ本体に比べて格段に安かったので、そちらの方法を試してみることにしました。


 ただしかし、件のSIMロック解除ツールが、色んな種類がある上に、それらを発売してるメーカーがほぼみんな「偽物には注意して下さい」とか呼びかけてて、仮に偽物メーカーまでもがそんな呼びかけをやっているかも知れない事を考えると、それこそどれが本物でどれが偽物なのかわからないような状況になっていたのは、ちと参りました。・・・そんな状況の中で、個人的に選ぶきっかけとなったのが、以下のamazonでの商品でした。


【iPhone4S/iOS6.1.3にも対応】SIMロック解除アダプタ GPP(日本正規販売代理店キングモバイル特注仕様)【ソフトバンクとauの両キャリアに使用可能・日本語説明書付き】



 この手のツールは"Gevey"とか"GPP"とかいったものが一般的らしいのですが(このへん、あんまりちゃんと調べていません(~_~;)、どの商品も「ちゃんと動いた」というレビューがある一方で、「動かなかった」とか「SIMを削らないとSIMスロットに入らなかった」とかいった話もちらほらありました。正直、amazonでは複数メーカーの出品でも、同一商品のレビューとしてひとまとめになるので、レビューだけではあまり信頼できるメーカーを探す材料にはなり得ません。・・・そんな中見つけたのが上記の商品です。

 上記の商品、他のモノと同様に、レビューでも多少意見が分かれているところがあるものの、"GPP"という製品の中で、更に「キングモバイル特注仕様」となっている事が、個人的には気に入りました。「特注仕様」ということは、日本での使用に便利なように、元のモノをある程度Fixしてある、ということだと思ったからです(個人の感想です)。そこで、この「キングモバイル」というメーカーに的を絞り、amazonで更に探してみたら、そこで素晴らしい商品に出会いました。



Kingmobile 【SIMロック解除アダプタ】 iOS7対応
auのiPhone4S、iOS6.1.3にも対応したSIMロック解除アダプタ"SmartKing"

(リンク先はau版ですが、SoftBank版も選べるようになってます)


 リンク先(amazon)での「商品紹介」や「商品の説明」で書かれているように、超簡単にSIMロック解除が出来るツールです。この手のモノは、設定が色々面倒だったり、設定した直後10秒以内にSIMを抜かなきゃいけない、なんていう話が結構つきまとうので、そういうことが一切要らないこの製品はホント素晴らしいです。


※この製品を使った実際のSIMロック解除作業は以下のPart.2の記事で。文章は長いですが(苦笑)、作業自体は簡単です。
http://socialdead02.blog39.fc2.com/blog-entry-142.html



・・・そういうわけで、上記のキングモバイル製「SmartKing」と、データ通信用SIMの「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」を組み合わせて、データ通信専用のiPhoneが出来上がりました。結構(いや、かなり?)快適に使っています。

 ちなみに、組み合わせるSIMにIIJmioを選んだのは、2013年6月になってから、通信容量等の条件が大幅に拡充されたからです。私は一番安い「ミニマムスタートプラン」(初期費用3,150円/月額945円/縛り等一切なし)を選びましたが、6月以降は月500MBまで速度制限無しで3G/LTE回線を使用することが出来ます(iPhone4SはLTEに非対応ですが・・・)。

 私は、前述したとおり、月あたりのiPhoneでの3G通信量が300MB行かない状況でしたし、かといってこのIIJmioのサービス拡充の話が出るまでは、月額2,000円前後の通信量1GB/月のものか、さもなくば多少我慢して、月額980円で200MB/月の楽天ブロードバンドか、月額980円で30MB/日のOCNモバイルエントリーdぐらいしか選択肢がなかったので、そこにこのIIJmioのサービス拡充の話が来たのは、実にタイムリーでお得な話でした。


 とにかく、これで外での通信代金が、概算で、

<使用前>
 「au iPhone4S」 6,665円/月
     ↓
<使用後>
 「auフィーチャーフォン」 1,295円/月 [プランSS 980円+EZWIN 315円(キャリアメール用)]
+「IIJmio 高速モバイル/Dサービス ミニマムスタートプラン」 945円/月
合計 2,240円/月

・・・と、約4,400円も安くなりました!いやー、これはでかい!!


 まあ実際の使用では、2台持ちはしたくないので、フィーチャーフォンを家に置いたままにして、留守の時にアプリ「050plus」の050番号に転送するようにしているので(いわゆる「ほぼスマホ」運用)、050plusの代金・315円/月+通信費がプラスされますが、それでも4,000円以上安くなるって算段が立つので、全然問題ないです。


・・・どちらにしても、まだ利用して数日しか経ってないので、実際の使用感とかは、また別の機会に(気分が良ければ)Upしたいと思います。ただ、とりあえずの感想の範疇になりますが、ここで使っている「IIJmio 高速モバイル/Dサービス ミニマムスタートプラン」は、元々速度を200kbpsに制限した上での使い放題のSIMで、今回2013年の6月からは、「バンドルクーポン」という形で、月500MBまで速度制限無しのアクセスができる「クーポン」が毎月付いてくる、という代物なんです。それで、その「クーポン」の機能をON/OFFできるアプリ「みおぽん」(iOS/Android両対応)というのがあるんですが、それを使って「クーポン」をOFFにしておけば、500MBのクーポン分を消費せずに上限200kbpsでのアクセスが出来るんですけど、この200kbpsアクセスが、思いの外快適なんです!!フルのWebページとかを表示するのはさすがに重いですけど、ちょっとしたアプリでの通信とかならそれほど違和感なく使えちゃってます。前述の050plusもこの範囲で大丈夫だって話もあるし。・・・まあどちらにせよ、まだ通信環境の厳しい街中とかで使ってないんで、更に具体的な感想はそういう事を実践してからにしますが、今の所、IIJmioの200kbpsアクセスが結構快適な事に本当に驚いている状態です。



Part.2の記事:http://socialdead02.blog39.fc2.com/blog-entry-142.html
関連記事