記事一覧

MediaGo(Ver2.x)で、PSPのゲームデータをCドライブ以外に移す方法

 最近、PSPに少しはまっている。個人的には、ちょっと前に在りし日の超名作ゲーム「タクティクスオウガ」のリメイク版がPSPで出たために、それだけをやるつもりで購入したモノだったが、最近のゲームをほとんど知らなかった私でも、これをきっかけにいくつかPSPのゲームにはまるようになっていってしまった。(ちなみに執筆時点では、廃人ゲームと名高い「ディスガイア2」にはまっている)

・・・ところで、PSPの場合、ゲームをダウンロード販売で購入してプレイしている人も少なくないと思うが、PSP自体の無線LAN機能が何故か、低速な11bまでしか対応していないため、PSPだけでダウンロードしようとすると、ものすごい時間がかかってしまう。それの打開策(というか妥協?策)として、パソコンにMediaGoというSONY純正の管理ソフトを導入して、それを使ってUSB2.0接続でゲームデータを流し込む、というやり方があるのだけれど、このMediaGoというソフト、最初に相当意識して設定を変えない限り、MediaGo本体だけでなく、巨大なゲームデータまで、Cドライブに全て保管してしまうという難点がある。・・・これは結構たまらない。個人的には「Cドライブは128GBしかないSSDだから」という理由があるのだが、それ以外の理由でも、Cドライブを圧迫されて困っている人も結構いると思う。


 そういうわけで、MediaGoで扱われてるゲームデータを、他のドライブ(フォルダ)へ移す作業を実際にやってみた。一応、ある程度はソニーのホームページ(該当ページはこちら)に記載されているのだが、正直あまり具体的な説明になってないので、私自身の実際の経験も絡めて、ここにやり方を詳述したいと思う。・・・なお、私自身がPSPでゲームしかやっていないので、ゲームデータ以外のデータ移管等にはここでは触れていないので、悪しからず(多少は参考になるかもだけど)。


 ちなみに、今回実行した環境等は以下の通り。

   PSP本体 : PSP-3000 ファームウェア6.60
   MediaGo バージョン : Version 2.4 (Build 256)


 では、実際の作業の説明に移ります。

<1> 最初に、MediaGoの管理下にある、全てのゲームのタイトルをメモしておく。PSP本体にインストールされてないモノについては、Storeで再ダウンロード出来るかどうか、一応事前に確認しておく。(多分そういうのは無いと思うが、そういうゲームがあった場合は、事前にPSP本体にそのゲームをインストールしておく)


<2> MediaGoのメニューバーから、「ファイル」→「ライブラリ」→「ライブラリフォルダの管理」を選択する。




<3> 以下の「ライブラリフォルダ」というウィンドウが出てきたら、中央やや右上にある「詳細」ボタンをクリック。




<4> 以下の「ライブラリフォルダの詳細設定」というウィンドウが出てくるので、各種データの保存先フォルダ(ドライブ)をここで変更する。ゲームデータでいうなら、下から2番目の「データフォルダ」の場所。



・・・ただし、この作業だけでは、データの保存先フォルダを指定し直した、というだけで、肝心の内部データが移動されることはない。そういうわけで、これ以降結構面倒くさい作業をしなければならない。


<5> MediaGoの左サイドバーで「ライブラリ」→「ゲーム」を選んで、ゲームタイトル上で右クリックして、出てきたメニューから「削除」を選択(この時、ShiftやCtrlキーを使って、複数のゲームを選択して一括削除することが可能)。この手順で、MediaGo管理下にあるゲームを「全て」削除する。



 削除を選択した後、出てくる以下のウィンドウで、「ファイルを削除する」を選択する。・・・つまり、一端MediaGoから、ゲームデータ自体を全部取り払ってしまう事になる。事前にPSPにインストールしてあるかとか、再ダウンロード可能かとか確認しているのはこのため。これらの確認を再度した上で、この「削除」の実行は慎重に!!




<6> PSPをUSBケーブルでつなげて、MediaGoと同期させる。やり方は、PSPをUSB接続した状態で、MediaGoの左サイドバーで「PSP」を選んで、メイン画面の下の方にある「自動インポートおよびバックアップ」の項目で、「購入したゲームをこのコンピュータにバックアップ」の所にチェックを入れて、右下の「適用」ボタンを押す。(最初からこの設定になってるかも知れません)


(↑クリックで拡大)

 PSP(メモリースティック)内のデータ容量にも依りますが、結構な時間を取られるので、この時のUSB接続は、USB充電されている状態でやることを推奨。またこの作業中は、PSP本体はもちろん、パソコンもなるべくいじらないで、作業完了まで放置することを強く推奨。例えかなりのマシンスペックがあったとしても、低速といえるデバイスとの接続中は、Windowsはトラブルが起こりやすい状態になるので、出来るだけ触らない方が吉。(加えて、MediaGo自体が結構フリーズとかしやすいし・・・)


<7> 同期作業が終了したら、MediaGoの左サイドバーから「ライブラリ」→「ゲーム」を選んで、表示されたゲーム上で右クリックして、出てきたメニューから「プロパティ」を選ぶ。



 出てきた「ゲームのプロパティ」画面の中で、「ファイル(L):」となってる部分に注目。このファイルの場所が、<4>で指定したフォルダ(ドライブ)内にあれば、とりあえずのゲームデータの移行は成功。




<8> PSPにインストールされてなかったゲームを、Storeにアクセスしてダウンロードする。こちらもダウンロードが終わったら、<7>の手順でゲームデータが保存されてるフォルダ(ドライブ)を確認。指定したフォルダ(ドライブ)内にあったら、無事全部のゲームデータの移行は完了。



 ・・・とまあ、文書にすると上記の様な感じなのですが、PSPに入ってるゲームデータの容量によりますけど、特に<6>のUSB接続しての転送は結構時間を取られます。正直、インターネットが光回線とかなら、<5>のゲームデータを一端全部削除した後、Storeから全部再ダウンロードした方が早かったかも知れません(・・・ただし、個人的にそれは実際にやってないので、結果は保証できませんが)。


 まあとにかく、結構な手間と時間を取られる話ではありますが、少なくとも圧迫されてるCドライブを救うという観点では、結構な効果があると思います。私の環境の場合、この作業前と作業後で、約12GBもCドライブの空き容量が増えました!!・・・ですので、MediaGoによるCドライブの占有に頭を抱えてる人には本当にオススメですよ!!


P.S. ゲームデータ等、全てのデータの保存先フォルダを変更しても、「マイドキュメント」下にある「Media Go」フォルダは使われる模様。なので、「マイドキュメント」下の「Media Go」フォルダは削除とかしちゃいけないので注意!
関連記事