記事一覧

個人的おすすめなAndroidアプリ Part2

 Part1の続きです。


<<WiFi利用時の便利アプリ>>
★"Wifi Analyzer"
 広告付きながら、無料でここまで出来るのか!?と唸らされるほど多機能かつ効果的なアプリ。端末で受信できる各WiFiの電波強度やチャンネル分布などを色んな角度から表してくれて、特に自分のWiFiをどのチャンネルに割り当てるべきかなどが克明にわかる素晴らしいアプリ。WiFiを使う人には絶対に勧めたいアプリ。



<<生活便利系アプリ・ウィジェット>>
★"日本日付ミニ"(ウィジェット)
 その日の日本における日付情報を「ほぼ全て」と言っていいぐらい詳細に表示してくれるウィジェット。具体的には、その日の西暦年および日本元号年、月日、曜日、その他祝日情報や暦情報などが、特に2つあるサイズの小さい方には、とてもスマートにかつ小さいスペースで表示される。日本元号年(平成○年)まで表示されるアプリやウィジェットは意外と数が少ないので、この点だけでもかなり重宝する。(ロック解除後の)ホーム画面の時計表示の下なんかにこのウィジェットを置いておくと、とっても便利。

★"秒時計ウィジェット"
 その名の通り、時間を秒単位まで表示してくれるウィジェット。西暦年や曜日まで含んだ日付も入ってるので、なかなかに重宝するウィジェット。

★"平成何年ウィジェット"
 iPhoneのカレンダー・アイコン的に、アイコンひとつだけのスペースで、今年が平成何年かを表示してくれるウィジェット。上記の"秒時計ウィジェット"と組み合わせれば正に最強なのだが、このウィジェット自体がGooglePlayではなく、Amazonアプリマーケットでしか入手出来ないのが難点。(最低でも「設定」で、「セキュリティ」内の「提供元不明のアプリ」をチェックして、「提供元がPlayストアではないアプリのインストールを許可する」必要があるので、初心者やセキュリティ面に不安を覚える方にはオススメしない)

★"年齢早見"
 何年生まれの人が何歳なのかを表示してくれるアプリだが、単純に西暦-元号変換アプリとしても使える。この手のアプリは1つは入れておいても損はないでしょう。

★"配送追跡"
 ネットショッピングを多用する人には特にオススメなアプリ。私自身がそうなので、この手のアプリは色々使ってみましたが、個人的にはこのアプリと以下の"配達追跡"がオススメ。このアプリのプラスポイントとしては、入力の時に配達番号を入力するだけで配送会社も自動判別してくれる事(番号自体が登録されてない段階では無理)や、複数の配送を管理できる事、それぞれ簡易的説明(メモ)を付けられる事など。正直マイナスなのは、このアプリから配送会社の公式Webページへはジャンプできない事や、最後の更新から15分程度経過しないと再度更新が出来ない事、無料版での広告が何か怪しいモノが多い事など(これはアプリ自体の責任ではないけど)。いいアプリであるのは確かなので、個人的には有料版(広告消し/199円)へ移行済みです。

★"配達追跡"
 こちらも上記同様の宅配便・配送状況の照会アプリ。上記の"配送追跡"は複数の配送を一括で管理・照会するタイプですが、こちらは個別に登録して、個別に各配送会社・オフィシャルのWebページへジャンプして照会するタイプ。こちらは上記と比べて、配達番号登録時に配送会社を逐一選択しなければなりませんが、代わりに照会画面が前述の通り各配送会社のオフィシャルWebページになっていることと、自分の好きなタイミングで照会情報を更新出来るのがプラスポイント。ついつい頻繁に配送状況をチェックしたくなる人はこちらですかね。ちなみにこちらも、個人的には広告なし+若干の機能追加版の"配達追跡・正式版"(199円)を購入してあります。

★"Suica Reader"(端末によっては使用不可)
 おサイフケータイ機能かNFCが入っている端末限定になってしまうが、おサイフケータイ(Felica)orNFCチップを利用して、SuicaやPASMOなどの交通系ICカード内のデータを読み取ってくれるアプリ。いつ、どの駅からどの駅へ乗車して、何円引かれて残額いくら、なんていうのがわかるのは、結構面白いし便利。

★"Amazon Androidアプリ"
 普通にAmazonへアクセスして、商品を見たり買い物が出来たりするアプリ。GooglePlayで普通にインストール可能。
 個人的にオススメな使い方は、外での買い物でのAmazonとの値段比較(いわゆる「ショールーミング」的な使い方)。モノにもよりますが、Amazonより安ければ、だいたいのモノは「買い」と言えるでしょう。

★ボイスレコーダー・アプリ
 音声通話用のマイクを使って、Android端末がボイスレコーダー的役割をしてくれるアプリ。類似アプリが多数あり。個人的には「簡単ボイスレコーダー」の無料版を使用。
 ちなみに、ほとんどの端末では音声ファイルはmicroSDカードに保存されると思いますが、そもそもmicroSDカードスロットがないNexus5では、最低でもメール添付とかが出来るアプリを選ぶべきかと。(Androidは「共有」機能が強力なので、DropBoxやEvernoteなども利用していれば、そちらへ保存することもまず可能だと思われます)



<<RSSリーダー/ニュースビューア・アプリ>>
★"JustReader"
 Feedlyと連携できる、RSSリーダー・アプリ。事前にキャッシュした記事をオフラインで読む機能が強力ですが、オンライン用途でも十二分に使えます。個人的に気に入っているのは、ダーク系テーマを適用した時、アクセスしたWebページも黒背景にしてくれること(ただしオンラインの場合、そのWebページを全部読み切った後の適用になりますが)。私はドライアイなので、この機能は非常に助かります。
 他にもWebページをスマホ向けに変換してくれたり(モビライザー)、オフライン(キャッシュ)時にどれだけのコンテンツを読み込んでおくか細かく設定出来たり、記事画面での各方向へのスワイプに色んな機能を割り当てられたり等、設定出来る機能や項目がかなり豊富。無料版でも、広告が出る以外、ほとんどの機能を使うことができますが、個人的にはかなり気に入った&スマホで一番やることがRSSチェックなため、有料版へアップグレード(238円)してあります。・・・ちなみに、Nexus5(Android)を使って半月あまりで、アプリにお金をかけたのはこれだけです!!(笑)


★"gReader"
 上記の"JustReader"が、2014年8月あたりの時点で、広告消しのPro版を導入できない状態が長期間続いているため(端末自体をリセット&再インストールしたら、Pro版を使えなくなった)、仕方なくこちらの"gReader"に引っ越し。"gReader"と言っても、古くからのネーミングを引きずっているだけで、もちろんFeedlyに対応済み。
 RSSリーダーは個人的に一番使うアプリなため、これも有料のPro版に移行してありますが、499円という価格設定はさすがにネック。・・・ただそれでも、一応それだけの価値はあると言えるアプリで、個人的には各フィード毎にどういう読み方をするのか(Feed表示かWeb表示か、更にモビライザーを使うか等々)を設定できる細やかさとか、記事表示部分で白黒反転できる「ページを反転」オプションがあったりするのが高評価な部分(私はドライアイなので…)。

★"はてなブックマーク"
★"Pocket"
 別にこれ以外でもいいのですが、いわゆるソーシャル・ブックマークや「あとで読む」系サービスを使う時、そのオフィシャル・アプリをインストールしてあるだけで、たいていのアプリから「共有」でブックマークや「あとで読む」事が出来るのは、Androidの大きな強みですね。iPhoneの場合だと、アプリ自体がそのサービスに対応してないとこれは無理で、特にはてブが利用できるiPhoneアプリは極端に少なかったですから・・・

★"新聞を読む"
★"MSN産経ニュース"
 個人的に「普通のニュース」を収集する際に、これらの一般ニュース系アプリを使っています。普通ならこれに"産経新聞"アプリを加えるところですが、残念ながらNexus5では、例えイーモバイルのものであっても、国内キャリアでの使用と認められないので、有料購読になってしまうのがホントに残念なところです。



<<その他・オススメ>>
★"Norton Snap"
 スマホでQRコードを読み取るのはもはや当たり前の話になっているけど、そのQRコードに悪意のある情報(フィッシングサイトへのリンクとか)が含まれていないか、というのは話が別になってくる。この"Norton Snap"は、実際にQRコードの情報にアクセスする前に、Webでその情報が適切なモノかをチェックしてくれる、ある意味「より安全な」QRコードリーダーアプリ。(完全に安全なワケではもちろんないけど)

★"LISNA"
 フォルダ単位での管理・再生が可能な、いい意味でシンプルに仕上がっている音楽プレーヤー・アプリ。Androidは大容量のmicroSDカードを利用できる反面、例えばiPhoneやiPod系の音楽管理ソフト"iTunes"とは当然ながら互換性がないので、意外とAndroid本体に音楽を入れて持ち歩く、という話がやっかいな事になってしまっている。その点この"LISNA"は、microSDカードの任意のフォルダに、好きなプレイリストと同一の楽曲ファイルを詰め込むだけで、iPhoneやiPod等と似た再生環境を構築できるので、シンプルがゆえに非常に有用な音楽プレイヤーに仕上がっている。(当然PCでのファイル操作等の知識は必要になるけれども)

★"KeePassDroid"
 いわゆる「パスワード・マネージャー」。最初にこのアプリを開いた時に要求されるひとつのパスワードを入力するだけで、このアプリ内に入れてある各種ID・パスワード情報が参照でき、なおかつ通知領域を通じて、Webフォームなどでの入力時に必要なID・パスワード情報をクリップボード経由で貼り付けることが出来ます。もちろん、アプリ・ログイン時のパスワード再要求のタイムラグや、通知領域に常駐する分数などもきちんと設定できるなど、細かいセキュリティ面も配慮されています。無料なのに広告表示などがないのも高ポイント。
 ちなみにこのアプリは"KeePass"というWindows版フリーソフトもあり、ちょっとした工夫(パスワード情報を格納したファイルをDropBoxなどで共有する等)が出来る人なら、パスワード情報をWindowsとAndroid双方で共有できたりもします。
※後述のパソコンとの連動が出来る人には、アプリ"KeePass2Android Password Safe"と、PC版"Keepass"のVer.2系との組み合わせの方がより便利。パスワード格納ファイルを対応している主要なクラウドに置いておけば、自動的に同期とかしてくれるので。

★"東京雨模様"
 東京とその周辺の雨雲レーダー的役割の「東京アメッシュ」を見られるアプリ。・・・残念ながらAndroidには「東京アメッシュ」のオフィシャル・アプリがないので、これで代用しています。(iPhone版はあるのに・・・・)



 ・・・色々ご紹介しましたが、とりあえずこんな所ですかね。最初は使って半月の時にある意味勢いで書きましたが(^_^;、今は一応、Android端末を持ってから2年以上経った今でも、たまに書き込み・修正しています。とにかく、これが少しでも参考とかになれば幸いです。


<シリーズ記事>
個人的おすすめなAndroidアプリ Part1
個人的おすすめなAndroidアプリ Part2
関連記事