記事一覧

格安3Gスマホ"Covia FLEAZ NEO"を購入 レビューPart3 Androidの初期設定

 "Covia FLEAZ NEO"のレビューシリーズ・Part3では、Androidの初期設定部分(実際に電源を入れてから、それなりに使えるようになるまで)をご紹介します。


 "Covia FLEAZ NEO"本体を充電し終わったら、本体右上側面の電源ボタンを長押しして電源を入れます。最初に図のようなロゴが出て・・・


 その後やけにカラフルなアニメーションが映し出され・・・


 最終的にまた最初と同じ様なロゴ表示画面になります。ここであと数秒待つと、Androidの初期設定画面に移っていきます。


 まずはお約束の「ようこそ」画面から。ここで言語を選択するのですが、デフォルトで日本語が選択済みですので、特に事情がなければそのまま次へ進んでOKです。


 最初はSIMのセッティングですが、私の場合SIMなしWiFi運用するので、ここはスキップします(ある意味一番大事な所を省略してすいません(__;)。
 ただこの機種は、APN設定用に専用アプリが入っていて、それはこの段階では使えないはずですので、ここは一端スキップして後からAPN設定アプリでSIMのセッティングをする、というやり方の方がいいかも知れません(ここは私が実際にやった部分ではないので、確たる事は言えませんが)。


 次はWiFi接続のセットアップ画面です(当然ながらSSIDはモザイクさせて頂いてます)。どうやらこの機種は、AOSS等のかんたん接続的な機能には対応してないようなので、自分でSSIDを選択してパスワードを打ち込む必要があります。またこの時、SSIDのステルス機能やMACアドレスフィルタリング等をONにしている方は、一時的にOFFにしておいた方がいいでしょう。


 自分自身のアクセスポイントのSSIDを選択したら、次の画面でパスワードを入力します。ある意味ここが初期セッティングでの最大の難関かも知れませんね。ソフトウェアキーボードもこの段階では変更出来ないですし・・・


 パスワードを打ち込むと、左図の画面に遷移します。このまましばらく待って、うまく接続出来たら・・・


 左図の、(Android)ソフトウェアアップデートを確認する画面に移ります。私の場合はこの時実際にアップデートする作業はなかったんですけど、今後購入した方はここで実際にアップデートする作業が挟まれるかも知れませんね。


 アップデート(確認)作業が済むと、左図のGoogleアカウントを登録する画面に移ります。Googleアカウントを持ってない場合は画面下部から新規アカウントを開設できますが、この手の端末を入手しようという方は、Googleアカウントは既に持っているという方がほとんどでしょうから、その前提で以後の話を進めていきます。


 Googleアカウントのメールアドレスを入力した後、左図のパスワード確認画面に移ります(もしメルアドの入力とかが間違っていたりした場合、該当アカウントがない旨のエラーメッセージが出ます)。ここでは当然、該当アカウントのパスワードを入力するわけですが、なぜか私がやったとき、入力欄をクリックしたつもりがその下の「パスワードをお忘れの場合」を押した事になってしまって、結果的にまたメルアドの入力から繰り返すハメに何度も陥ってしまいました。一応回避策を書いておくと、ここではパスワードの入力欄をクリックするより、「パスワード」の文字の方をクリックした方が、より確実にパスワード入力画面に遷移できます。


 パスワードを入力後、該当のGoogleアカウントで2段階認証を有効にしている場合、ここで2段階認証のコードが求められます。あてはまる方は、2段階認証コードを取得できる体勢をあらかじめ整えておきましょう。


 ここまでのGoogleアカウントの入力がうまくいっていれば、左図のログイン最終確認画面が映し出されます。必要なら利用規約等もチェックした上で、下部の「同意する」を押してGoogleアカウントの登録を終了しましょう。


 「アプリとデータを取得」という、端末バックアップからの復元をするかどうかの画面が映し出されます(そもそもAndroid端末を持っていない場合等では、この一連の画面は出ないかも知れません)。


 上図では私が既に持っている"(Google) Nexus5"のバックアップデータをこの端末に復元しようとする画面になってしまっていますが、画面サイズも性能も全然違う端末のデータをこの新規端末に流し込むとどんな事になるか悪い意味でわかりませんので、ここは"Nexus5"と表示されている端末名の部分を押して、左図のように「新しい端末としてセットアップ」を選択します。


 「アプリとデータを取得」画面に戻り、下部に「新しい端末としてセットアップ」と表示されているのを確認してから、右下の「次へ」を押します。


 「携帯電話の保護」という画面に移り、ここでは端末本体の、パスワードやPIN等による画面ロック方法を選択・実施することが出来ますが、この部分は後から「設定」アプリからでも簡単に設定出来る部分です。自分自身の都合やセキュリティ意識に合わせて、ここで、あるいは後ほどこの部分は設定しましょう。(とりあえずここでは実際のロック設定は省略します)



 初期設定の最後として、「Googleサービス」という画面にたどり着きます。ここはスクロールすると、上図の左から右に向かって表示が変わっていきます。表示される内容には「端末のアプリのデータや設定等をGoogleアカウントにバックアップするか」、「Google位置情報サービスを使用するか」、「WiFiがOFFの場合でもネットワーク(3G)を利用するか」、「Googleにこの端末の使用状況を送信するか」といった、比較的重要な項目が並んでいますので、自分の使用目的に合わせて各項目のチェックボックスをON/OFFして下さい。
(通常は上3つはON、私のようなSIMなし運用をする場合は3つ目の「WiFiがOFFの場合~~」はOFF、最後の「使用状況を送信」は任意、といった感じでしょうか)


 ここまでの初期設定が無事終了すると、左図のようなデフォルトのホーム画面が表示されます。初期設定、おつかれさまでした!!


 次回は、個人的な「最初にやっておいた方がいい設定・アプリ導入」の話をご紹介する予定です。


--"Covia FLEAZ NEO" レビュー シリーズ記事--
格安3Gスマホ"Covia FLEAZ NEO"を購入 レビューPart1 購入経緯~開封の儀など
格安3Gスマホ"Covia FLEAZ NEO"を購入 レビューPart2 本体の初期セッティング
格安3Gスマホ"Covia FLEAZ NEO"を購入 レビューPart3 Androidの初期設定 ←[Here]
格安3Gスマホ"Covia FLEAZ NEO"を購入 レビューPart4 最初にやったほうがいい設定・アプリ導入など ←[Next]
格安3Gスマホ"Covia FLEAZ NEO"を購入 レビュー・+α この機種でのSIMなしWiFi運用における懸念点について

関連記事