記事一覧

2017年1月新自作PC構築記 Part1 「GIGABYTE GA-H170-HD3」のBIOS設定など

 タイトルの通り、個人的に2017年の1月に、新しい自作PCを組んだ。これに踏み切った最大の理由は、前のPCが7年近く前に組んだものの上に、年末あたりから不安定な挙動が目立つようになってきたからで、個人的に安定性を第一とする心情から、新しいPCを組むことに着手したわけである。


 今回組んだ自作PCのスペックは以下のようなもの。[流用]と書いてあるものは、文字通り前の自作PCから流用したパーツである。

・マザーボード:GIGABYTE GA-H170-HD3 [Rev1.0]
・CPU:Intel Core i3-6100 3.7GHz SkyLake(内蔵グラフィックも使用)
・CPUクーラー:サイズ 虎徹 SCKTT-1000
・メモリ:UMAX DCDDR4-2133-8GB(DDR4-2133/4GBメモリx2)
・SSD:Samsung 850 EVO 250GB SATA3.0接続 [流用]
・電源:Corsair CX500M 500W電源
・ケース:COOLER MASTER "CM 690 II Plus" [流用]
・OS:Microsoft Windows10 Home 64bit版

 自作PCとしてははっきり言って退屈なスペックだが、個人的に自作をする目的が「趣味&トラブルはできるだけ自分で何とかしたい」ということなので、スペック自体はこれで十分なのである。

 マザーボードにGIGABYTE製のを使ったのは、今までASUS製のばかり使ってきてたまにはこういう部分で遊んでみたい、という事だったのだけれど・・・・・・正直言うと、素直にASUSにしておいた方がよかったと思う。いや、GIGABYTEやその代理店さんとかに他意があるわけじゃないし、それなりに安定して動作している今となっては、"GA-H170-HD3"もコスパの高いいいマザボだって思うけれど、正直、BIOS設定の段階とかで、インターネットですら情報があまりにも少なすぎたのだ。BIOS設定の際、スマホで情報収集をやったりしたのだけど、ヒットする内容のほとんどがASUSのマザボやBIOSに関する内容ばかりで、GIGABYTEや"GA-H170-HD3"についての情報が、皆無とは言わないまでも極端に少ない状態だった。いまや自作PCの世界においてすら、トラブったりしたらまずはネットに情報を求めるのがセオリーだと思うので、そこですら情報量が極端に少ないというのは、相当に痛い話だった。


 そういうわけで、ネットにすら全然情報がなかったマザボ"GIGABYTE GA-H170-HD3"のBIOS設定について、じゃあ自分で書いてしまおうというわけで、ここに自分用メモ的な話として書き記しておくことにする。なお、私の自作PCのスキルはホントに趣味レベルでしかないので、ここに書いたことをあまり鵜呑みにはしないで頂きたい。また、記事があまり冗長になるのも嫌なので、個人的に大事だと思った部分だけしか記載していない事にも注意。




※最初にやった方がいい設定:"BIOS Features" - "Mouse Speed"の変更
 単純にUEFI BIOS内でのマウスカーソル速度の変更箇所だが、デフォルト値だとおそらく遅すぎると思うので、それなりの値に設定しておく。なおここは変更すれば即座に反映される。(ただこのBIOSの場合、マウスよりキーボードで移動・操作した方が確実なのだけれども)


★"M.I.T"
 この箇所はサブメニューも含めて、おそらくいじらない方がいいと思われる。いじろうという人はそれなりに上級者のはずなので、ここの情報自体からして見る必要がないと思う。


★"System Information"
- "System Language"
 BIOS内の表示言語を設定できる部分。このBIOSの日本語化は比較的まともなので、「日本語」に変更しておくのもアリ。

- "System Date" , "System Time"
 BIOSでの日時設定部分だが、どうせ後でOSから自動修正される部分なので、最初期にそれなりの日時に合わせておくかは好みで。


★"BIOS Features"
- "Fast Boot"→"Disabled"(デフォルト値)
 Windows10でサポートされてるFastBootを有効化できる箇所だが、個人的には安定第一志向なので"Disabled"(デフォルト値)に。

- "Windows 8/10 Features"→"Windows 8/10" <自信なし>
 Part2で詳しく述べるが、Windows10のUSBインストーラーが全然UEFIブートできなかった時に何とかしようといじった場所で、結局はUEFIブートできなかった理由と関係がなかったので、デフォルト値の"Other OS"でも問題ないと思われる。(ここは多分、次の"CSM Support"をいじるかどうかの設定だと思われる)

- "CSM Support"→"Enabled"(デフォルト値)
 UEFI CSM(Compatibility Software Module)をいじる箇所。WindowsをUEFIモードでインストールした場合、「『セキュアブート有効』なら『CSM無効』」に、「『CSM有効』なら『セキュアブート無効』」にするのがセオリーらしいので、WindowsをUEFIモードでインストールする場合は明示的に設定しておいた方がいい箇所だと思われる。
↓この件に関する参考サイト
「セキュアブート有効にするならCSMは無効にする」(ぼくんちのTV別館)
http://freesoft.tvbok.com/tips/efi_installation/secure_boot_and_cms.html


- "Secure Boot State"→"Disabled"
 前述したWindowsのUEFIブートに関わる部分。個人的には互換性重視の方向なので、「『CSM有効』なら『セキュアブート無効』」の方を選んだため、こういう設定になる。


★"Peripherals"
- "Initial Display Output"→"IGFX" <任意>
 最初に起動するグラフィックとして、CPU内蔵グラフィックか、PCI Expressスロットのグラボを使うかの選択箇所。個人的に内蔵グラフィックしか使わないので、内蔵グラフィックを示す"IGFX"に。

- "Super IO Configuration"
-- "Serial Port 1" , "Parallel Port" → どちらも"Disabled"に <任意>
 このマザボは珍しくシリアルポート・パラレルポートのPinが付いているが、今時そうそう使う機能でもないので、使う予定が皆無なら"Disabled"にしておいた方がいいと思う。(まずないと思うけど、他のデバイスとの競合回避のためにも)

- "SATA Configuration"
-- "Aggressive LPM Support"→"Disabled" <自信なし>
 SSDやHDDの省電力機能である"LPM"はともかく、ここでの"Aggressive LPM"というのが正直今でもよくわかってないのだが、少なくとも私のWindows10環境ではLPMによるプチフリーズ現象が発生したので、安定性を求めるならここも"Disabled"にしておいた方がいいと思われる。(Windows10でのプチフリ現象についてはPart4の記事にて)


★"Chipset"
 内蔵のグラフィックやオーディオ機能等のON/OFF部分。ここも自分の環境に合わせて任意設定。


★"Power Management"
- "ErP"→"Disabled"(デフォルト値)
 スリープのS5機能の有効/無効化部分。個人的には細かな省電力より、それによってパーツが壊れる可能性の方がよっぽど怖いので、省電力関連はすべてOFFにする。なので、ここも"Disabled"(デフォルト値)に。

- "RC6(Render Stanby)"→"Disabled" <自信なし>
 CPU内蔵グラフィックの省電力機能部分。前述したとおり、個人的には省電力関連をすべてOFFにするので、ここも"Disabled"にしておく。

- "Platform Power Management"→"Disabled"(デフォルト値)
 PCI Express接続の省電力機能である"ASPM"のON/OFF部分。ここも前述した理由で"Disabled"のままにしておく。(PCI Expressスロットを使っていないとしても、マザーボード上でPCI Express接続になっている機能とかは結構多い)




 "GA-H170-HD3"のBIOSの重要な設定部分についてはこんな感じ。ちなみにBIOSのバージョンは"F5"である(購入当初からそうだった)。2017年1月の時点で最新のBIOSバージョンは"F5"の次の"F10"だが、"F5"を第7世代Coreプロセッサ(KabyLake)対応のためにModifyしただけのものであり、なおかつ"F10"にするとそれ以前に戻せないということだったので、"F10"へのアップデートはあえてやらなかった。

  なお、マシンを組む段階においては、構成がシンプルだったということもあって、特筆するような話はなかった。せいぜい、虎徹クーラーが部品点数が多くて結構設置に戸惑ったことと(これはちゃんと下調べしなかった自分のせいだが)、"GA-H170-HD3"のSATAコネクタの配置位置からして、SATAケーブルはマザボをケースに取り付ける前に繋いでおいた方がいい、という事ぐらいだろうか。


 Part2では、Windows10のインストール時に、個人的に遭遇したトラブルについての話など。

↓Part2の記事
http://socialdead02.blog39.fc2.com/blog-entry-190.html
関連記事