記事一覧

"Huawei P9lite"をAndroid7.0にアップデートしてみた(若干人柱的)

 2017年3月現在で、私はメインのスマホとして"Huawei P9lite"を愛用しているが、2017年3月13日から、その"Huawei P9lite"ユーザー向けに、Android 7.0(Nougat)へのアップデートが配信されるようになった。で、私の端末にそのアップデートが降ってきたのが、その翌日の3月14日。ネット報道とかでもある通り、このアップデートは1ヶ月ほどかけて"Huawei P9lite"の全ユーザーに順次配信、という事だったので、こんなに早く私の端末にアップデートが降ってきたのは、私個人としても予想外だった。

 まあ幸いと言うべきか、個人的にアップデートが降ってきた日の翌日(3月15日)は正直ヒマだったので(^^;、その日に"Huawei P9lite"のAndroid7.0へのアップデートに着手してみた。ただし、個人的にこういう話はそれなりに経験しているけど、Androidのアップデート(特に大きくバージョンが変わる時)というのは、決していい話ばかりでないのも事実。また、この記事執筆のタイミング的に(アップデートを敢行したその日に書いている!)、今回の"Huawei P9lite"でのAndroid7.0アップデートにおけるデメリット面を洗い出せてるワケでもないので、個人的に決して推奨しているような話ではない事には注意。(だからタイトルに「人柱的」なんて入れている)


 "Huawei P9lite"に実際にAndroid 7.0へのアップデートが降ってきた場合、もちろん通知もされるが、一応メニュー的に言っておくと、「設定」内の以下の画面(「設定」内の下の方)で、「システム更新」を選択するとアップデート作業に入れる。(アップデートがある証拠に、「1」の赤丸数字が表示されている)



 下図の様な「システム更新」という画面にたどり着くので、ここで矢印マークの下にある「クイック更新」を押すと、Android7.0へのアップデート作業が始まる。ただし、これも下図の中にある通り、この時点でもアップデート分のダウンロード容量が1.8GB以上という大容量なので[*1]、WiFi接続はほぼ必須。また、"Huawei P9lite"は結構内蔵ストレージの容量がシビアでもあるので、内蔵ストレージの空き容量も十分あるか事前に確認しておいた方がいいと思われる。(もちろんバッテリー残量が十分にあることは大前提)

[*1]・・・同じ"Huawei P9lite"のAndroid7.0アップデートでも、実施するタイミングによってこの容量は多少変わるかも知れない。




 Android7.0へのアップデート作業中。途中2度の再起動も含めて、結構時間がかかるので、実際にやろうという人は要注意。ちなみに個人的計測では、下図の最初のダウンロード作業に12分弱、1度目の再起動後のダウンロード内容の検証等の作業に4分弱、2度目の再起動後の「システムを最適化中」と表示されてた部分で5分弱ほどかかっており、全体の作業としてはまず20分以上はかかっていたと思われる(FLET'S光+11nWiFi使用/あくまで個人的計測です)。



 Android7.0へのアップデートが完了した直後の、"Huawei P9lite"のロック画面。この機種の場合、ロック画面は日時表示以外個性らしい部分がないので(この件で追記あり。追記2を参照)、ある意味わざと上部のショートカットメニューも一緒に表示させてみた。そのショートカットメニュー部分だけでも、Android6.0の時との差異がわかる新デザインに置き換わっている。



 Android7.0での"Huawei P9lite"の「設定」内画面。以前より行間が詰まっていて、ここでもバージョンの違いがある事がわかる。



 Android7.0へアップデートした直後の、「設定」→「端末情報」内での画面(例)。



 ちなみに、個人的にこのアップデート直後に一番困惑した事として、ホームアプリの変更部分がわかりづらかったので(個人的には"Nova Launcher"を使用)、一応ここにそれを書いておく。メニュー的には「設定」→「アプリ」→「(そこでの画面下部に表示される)設定」→「デフォルトアプリの設定」とたどると、下図のような画面にたどり着くので、ここの「ランチャー」の先で、自分の好みのホームアプリに切り替えることができる。



 実際の使用感についてだが、それは今後この記事に追記としてか、あるいは別記事として紹介する予定である[*2]。だって、"Huawei P9lite"へのAndroid7.0配信スタートの翌々日なんてタイミングで、そんな事書いてることの方が嘘でしょ!?

 そういうわけで、配信翌々日にいきなり"Huawei P9lite"のAndroid7.0へのアップデートを敢行して、その日中にいきなりこんなことを書いてみた暇人でした(苦笑)


[*2] ↓続編、書きました!(2017年6月更新)
"Huawei P9lite"をAndroid7.0にアップデートしてから、約3ヶ月経っての個人的使用感


追記1 そもそも"Huawei P9lite"が抱えている大きな問題のひとつとして、「プッシュ通知は大丈夫なの!?」という声があると思う。あくまでも私個人のケースだけれども、Android7.0へアップデートしたその日中に、JR東日本での運行障害情報をプッシュ通知してくれるアプリ「JR東日本 列車運行情報 プッシュ通知アプリ」が、登録路線での運行障害情報をプッシュ通知してくれたのだが、その時は少なくとも、そのアプリ内で表示された運行障害発生時刻と、"Huawei P9lite"のシステム時刻は「同一」だった。ただし、そもそも"Huawei P9lite"で、アプリが正常にプッシュ通知するために必要な作業(以前の記事「実際に使ってみた"Huawei P9lite"の自分的注意点や不満など」の後半の方で言及している)は、Android6.0時代にこのアプリについては実施済みだった。

追記2 Android7.0に置き換わって以降、この機種でのロック画面には、万歩計的な歩数表示や、あるいは「ロック画面に表示する署名」という名目で、任意のテキストを表示させる事が可能になった。これらの設定は「設定」→「画面ロックとパスワード」内で変更できる。

追記3 追記1の続き的内容になるが、3月16日の時点で、アプリ「Yahoo!天気・災害」による雨雲接近のプッシュ通知もどうやら正常に働いたようで、この時のプッシュ通知内の時刻と"Huawei P9lite"のシステム時刻は同一だった。ちなみにAndroid6.0時代、特に2017年に入るぐらいの頃から、このプッシュ通知の通知内時刻とシステム時刻が激しくズレるという事が結構あったので、このへんはある意味Android7.0へのアップデート内で修正しているのかも知れない。(現時点ではこれはまだ「不確定」ではあるけど)

追記4 プッシュ通知に関しては、どうやら「設定」→「通知とステータスバー」→「通知管理」で、一元管理できるようになった模様。各アプリ単位で、下図のような画面で詳細に通知の内容を設定することができる。また、これもまだ不確定ではあるけど、Android6.0時代にプッシュ通知させるために必要だった面倒な作業(以前の記事「実際に使ってみた"Huawei P9lite"の自分的注意点や不満など」の後半の方で言及)は不要になっているみたいで、実際プッシュ通知動作をテストできるアプリ「Push Notification Tester」でテストしてみたが、インストール前後に何も特別な操作をしていなくても、このアプリによるプッシュ通知テストはすべて正常に動作した。




<シリーズ記事>
"Huawei P9lite"をAndroid7.0にアップデートしてみた(若干人柱的)
"Huawei P9lite"をAndroid7.0にアップデートしてから、約3ヶ月経っての個人的使用感

関連記事

このブログについて

管理人(SocialDead)が「精神的死者、社会的死者」すなわち「精神的病人」ですので、更新等はかなり不定期です。なおこのブログはコメント等は一切受け付けておりません。※2017年3月にタイトルを「SoDeadBlog」から「SocialDeadのぶろぐ」に改名しました。

検索フォーム