記事一覧

Chromeで文字(フォント)が読みにくい、薄いと感じる・・・。現状(2017年5月初旬あたり)ではこれくらいしか対策がない!?

 突然ですが、Google ChromeでWebを見ていたりする時、たまに薄かったりぼやけた感じで、正直かなり読みづらいサイトとかに遭遇したりしませんか?

 例えば、こんな感じで↓



 で、実はここで"あること"をすると、これがこんな風になります↓



 はい、全然違いますね。端的に言っちゃうと、これは使用されてるフォントが違うからです。前者が、Windows10から標準のフォント(システムフォント)になった「游ゴシック」(「ゆうゴシック」と読みます)、後者がそれまでの標準フォントだった「メイリオ」です。

 この件で調べてみて初めて知ったのですけど、Windows10から標準になった「游ゴシック」は、その見にくさで有名らしいです。実際、上の2つの画像だけでもそれは明らかで、そんなのを標準フォントにするとかって、相変わらずMicrosoftはひどいですね…


 さて、この問題の解決法は、「じゃあ『游ゴシック』で表示されてるところを『メイリオ』に置き換えればいいじゃない」ってことになるのですけど、実はこれ、少なくとも2017年5月初旬あたりの時点では、簡単で抜本的な解決法がありません。少なくとも、これから紹介するのは、初心者には若干敷居の高い話になってしまいます。

 とりあえずここで紹介する解決法は、[i]と[ii]のふたつのどちらかです。


[i]Chromeの拡張機能「部分強制メイリオちゃん」を使う

 「游ゴシック」だけでなく、ギザギザしてきたなく見える「MSゴシック」とかも「メイリオ」に直してくれる、Chrome拡張機能「部分強制メイリオちゃん」を利用します。以下のリンクからインストールできます。

「部分強制メイリオちゃん」 - Chromeウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/%E9%83%A8%E5%88%86%E5%BC%B7%E5%88%B6%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93/kmjcmncjhdnaealenhoohllicfkdojpb?hl=ja



 初心者の方にはこの方法がおすすめです。ただし、これだと前述の通り、「游ゴシック」や「MSゴシック」での表示がすべて「メイリオ」に強制的に切り替わってしまうため、少なくともWebサイト側が意図している見た目やデザインとかは崩れてしまう結果になります。

 そういう話はいやだ、という方には、若干難しくなりますが、次の[ii]の方法をおすすめします。


[ii] 「ブックマークレット」を使う。

 もうタイトルからして初心者の方には敷居が高いんですけど、Chromeのブックマークツールバーに「ブックマークレット」なるものを登録して、それを利用します。今回の場合、これを押せば、見ているサイトのすべてのフォントが一時的に「メイリオ」に置き換わってくれる、という機能を持ったものです。

 Chromeの場合、「ブックマークツールバー」は、Webのアドレスが表示されてる窓の下にあります。表示されていない場合は、「Ctrl+Shift+B」で表示させてください。



 次に、この画面上で以下の太字になっている文字列("javascript"から最後の"()"まで)をマウスで選択して、「Ctrl+C」を押します(クリップボードにコピー)。


javascript:(function(){document.head.innerHTML+="<style>body,h1,h2,h5,h3,h4,p,div,span{font-family: 'メイリオ' !important;}</style>"})()


 Chromeのブックマークツールバーの適当な場所(空いてる所とか)で右クリックを押して、出てきたメニューで「ページを追加」をクリックします。



 出てきた「ブックマークを編集」というウィンドウで、「URL」の部分で「Ctrl+V」を押して、先ほどの文字列("javascript~~")を貼り付けます。別の文字列が貼り付けられてしまう場合は、先ほどの「Ctrl+C」を使う部分からやり直してください。


 「名前」の部分は、正直何でもいいです。とりあえずここでは「メイリオ化」としました。

 これで、ブックマークレットの登録は完了です。見にくいフォントが使われているWebサイトに出会ったら、このブックマークレット(この場合、ブックマークツールバーに登録した「メイリオ化」というボタン)を押せば、瞬時にメイリオで表示しなおしてくれます。

 2017年5月初旬あたりの例として、日本Microsoftのオフィシャルサイトを挙げておきます。この時点では、メイリオ以外のフォントがかなり使われていました。

https://www.microsoft.com/ja-jp/

 このページ上で、前述のブックマークレットを押せば、瞬時に使用されているフォントが「メイリオ」に切り替わるはずです。

 なお、このブックマークレットによる「メイリオ」へのフォント変更は、「その時だけ」有効です。そのページを離れたり、再読み込みしたら、また元のフォントに戻ってしまいます。逆に言うと、そのWebサイトの元デザインを尊重したい、という人にとっては、[i]よりこの[ii]の選択肢の方がいいかも知れません。

 ちなみに、ごく稀ですが、[i]の方法でも「メイリオ」に表示し直せないWebサイトというのも存在します。その場合、この[ii]の方法を使えば、より高確率で「メイリオ」に直すことができるので、そういう意味でもこちらの手段はおすすめです。

※この[ii]の方法はChrome以外(InternetExplorerやFirefoxなど)でも使えます。やり方は…すいませんが自分で調べてください。

※ここで紹介したブックマークレットの内容は、以下のサイトの「ブックマークレットを使う」の部分から、ほぼコピペさせて頂きました。(自分ではうまく動作するモノが作れなかったので…)
「Chromeで游ゴシックを強制的にメイリオに変える」
http://reviews.f-tools.net/Windows/Font-Kyousei.html


 以上、フォントが見にくいWebサイトを、ある意味悪あがき的に"何とかする"方法でした。
関連記事

このブログについて

管理人(SocialDead)が「精神的死者、社会的死者」すなわち「精神的病人」ですので、更新等はかなり不定期です。なおこのブログはコメント等は一切受け付けておりません。※2017年3月にタイトルを「SoDeadBlog」から「SocialDeadのぶろぐ」に改名しました。

検索フォーム