記事一覧

ひどいよ、Microsoft!!正規購入品のWMVファイルがWMPで再生出来なかった話

(※Googleとかでここに来た人のための前置き)
 この記事はトラブル直後に衝動的に書いたものです。一応、別途情報的にまとめてある記事がありますので、そういう情報が欲しい方は、こちらをご覧下さい。


 つい先日、Windows(XP)を再インストールした。要因は色々あるのだけど、一番の原因は、システムが不安定になりすぎて、バックアップ用に接続してたリムーバブルディスクが認識されなくなったため。ちなみに、このトラブルの最中、バックアップ用のハードディスクが1つお亡くなりになりました・・・(涙)

 まあとにかく、バックアップ用のハードディスクが認識されない、なんて状況自体がかなりひどいワケで、何だかんだ迷った挙げ句、Windowsの再インストールに踏み切ったわけです。

 バックアップ用のハードディスクは、何とか力業的に認識させて(単純に、マシンの電源入れる前から接続しただけ(^_^;)、Windowsフォルダ以外のほとんどのファイルをコピー。そしてWindowsの再インストール。途中、2TB(2000GB/500GB×4でRAID0構築のため)のマシンのハードディスクを、半分ずつにパーティションを分けた以外は、システムの変更なし。そんなわけなので、単純にバックアップしたファイルを戻せば、ほとんど元に戻ると踏んでたわけですが・・・

 まあ、こういうこと(Windowsの再インストール)して、ホントに元の環境が戻る、ということはナイのは、経験上知ってます。ただ、憤慨させれたのが、正規購入品のWMVファイル(動画/DRM付き)が、全然正常に再生されなかったこと・・・

 WindowsXPのCDに最初から入っているWindowsMediaPlayer9(WMP9)で最初再生しようとしたら、「不明なエラー」と出て再生できない。Web上のヘルプを見ても、英語で「該当情報はありません」なんて出てくる始末。しょうがないので色々ググって(Google検索して)いたら、バージョンアップすればいいかも?という情報を見つけたので、WMP10にアップ・・・しかし、再生されない!!

 この時のエラーメッセージには、「0xC00D11CD」の文字。しかし、これもまた、Webヘルプで詳細が書かれていない!しかたないのでググってみると、ほとんど有用な情報が見あたらない!どうもこのエラーID「0xC00D11CD」というのは、かなり色々なトラブルがあるようで、しかも途中で「このエラーを直せた人はほとんどいない」などという情報がひっかかるような始末!・・・ひどいよ、Microsoft・・・・・・こんなエラーをそのままにしておくなんて・・・

 もうこうなったら仕方ない。イヤだけど、最新のWMP11にしちゃえ!と思って、実際にインストールしたら・・・なんと、これまた再生されない!「え~、どうなってるの~!?」と、マジ怒りモードになりつつ、Webヘルプを見たら、今度はちゃんと表記されてたけど・・・「サウンドドライバがおかしい!?」なんて書かれてる始末。色々な経験上&マシンの現状を考えつつ、「これはあり得ない!!」と断定し(実際、そうだった)、新たに出てきたエラーID「C00D11B1」でググって見る。

 そうすると・・・やっぱりというべきか、原因は「あまりにもきつすぎる&ひどすぎる」MicrosoftのDRMの仕組みが原因だった。具体的には、前の環境のファイルをほとんどそのままバックアップ&復元したことで、前の環境に残っていたDRM関連のファイルが、この誤動作を引き起こしていたのだ。

 このDRM関連のファイルとは、具体的には以下の場所。

  C:\Documents and Settings\All Users\DRM

 上記のフォルダの中身を全て削除すれば、DRM付きのWMVは正常に再生されたのでした・・・(もちろん、DRM解除のID/PASSWORDは必要)。ちなみに、WMPを10に戻しても、これは大丈夫だったのでした・・・・・・


 とにかく、この記事で結論的に言いたいことは、

「ひどいよ、Microsoft!!」

・・・ということです。単純に、正規購入品の動画を、自分の環境をちょっといじっただけで再生できない、って事自体がひどい!ひどすぎる!!そもそも、このWMVのDRMの造り自体が、あまりにも堅苦しすぎる!!!

 ・・・DRMについて、知っている例を挙げると、Appleの音楽配信サイトiTunesStoreの購入曲なら、ネット経由で登録したマシン5台まで共有&再生が可能だし、上限の5台に至った時は、全てのマシンの登録を解除できるという(ただしこれは1年に1回という制限付き)、「それなり」に寛大な造りなのである。更に言うと、Appleは「iTunesPlus」という所で(iTunesStore内)、全くDRMがかかっていない音楽ファイルも販売しているのである。数は少ないが、日本でもこの試みは始まっている。また、世界的な動きのひとつとして、米amazonが「Amazon MP3」というMP3ファイル販売(MP3はそれ自体がDRMの仕組みがない)サイトを正式に開始し、しかも他国でもやるというニュースも流れているのである。これだけでも、少なくとも音楽配信については、「DRM廃止」が世界的な流れになりつつあるのである。

 ・・・そういう状況に比して、いったいMicrosoftの頑なまでに強力なDRMシステムは何なんだ!?と、大声で言いたい。動画と音楽じゃ事情が違う、という話もあるかも知れないが、それにしても、「正規購入」したファイルを「私的範囲内で」再生するのに、上記のような超苦労をさせられたのである。これで「怒るな」と言われる方がひどいだろう。もうホント、いい加減にして欲しい、Microsoft・・・・・・(ホントに超怒りモード!!)
関連記事