記事一覧

完全に「孤独」に陥った私・・・

 元々、そんなに友人を作るとかそういうことが得意だったわけじゃない性格なのだけれど、だからといって、理解してくれる人を全然求めなかったワケじゃない。・・・なのに、結局のところ、行き着いた所(現在)は、「完全なる『孤独』状態」なのは、どういうことなのだろうか・・・・・・

 私の人生は、「いじめ」と「裏切り」が積み重なった人生だった。小学校と中学校で1回ずついじめを受け、「生きがい」にと思って打ち込んでいたHVというボランティアでは、友人と思いこんでいた人間に「裏切」られた(ちなみにこの件については、最低でも1人の精神科医に、PTSDだと認定されている)。その後完全に生きがいらしい生きがいを無くし、10年近くひきこもるのだが(その間、一番本格的な自殺未遂もした)、その後入った個人経営の精神科医の元でのデイケアでは、一端受け入れられたものの、またしても、その中で一番信頼した人間に「裏切られる」という、最悪な心の傷を負った。・・・それから約3年。状況は、井戸の底の底にいたと思っていた私にとって、さらに地獄の奥深くへ滑り落ちる思いこそあれど、何ら「浮上した」と思えるような思いなどない、そんな凄惨極まりない人生である・・・

「自分は何のために生きているのだろう?」・・・こんな問いを自分自身に対してした人は、決して私だけではないはずだ。しかし私の場合、多くの人とかなりの部分で違いがありすぎる。特に、今まで積み重ねてきた過去、つまり「人生」が、あまりにも辛すぎることで満ち過ぎているのだ。物心ついた頃から、家庭内で姉と母のヒステリーが日常茶飯事的に起きていたこと、それらがあった裏で学校生活を切り盛りにしなければいけなかったこと、そういった人生を送ってきた結果、日本で強烈に求められる「普通」から大きく外れてしまい、結果的にうまく学生生活を送れなかったこと、ヒステリーを重ねてきた姉や母は、中学以降カウンセリングに通い、私を「置いて」勝手に回復していって、結果私は、高校に入った早々、家庭内のヒステリー台風や学校でのいじめられ台風等の対応で手一杯だったせいで、気づけば「自分自身」というものを全然確立も何も出来ていなかったことに気づいてしまい、ありもしない自分を完全に見失って、どこへ行けばいいのかもわからなくなって、完全に鬱状態に陥ってしまい、結果大学受験などうまくいくはずもなく、中堅以下のT海大学工学部に一浪で何とか入ったら、クラスの8割以上を占めたT海大付属出身の連中が、理系大学志望の学生が高校で学ぶことを附属高校で学んでなかったせいで、大学の授業は、少なくとも私にとっては、「高校でやったことの復習」でしかなく、それに3年で中退するまでずっと我慢してたり、挙げ句の果ては、最初の方で書いたが、中退する代わりに人生の道として選んだボランディアHVで、最初こそ受け入れられたものの、最後には信頼しきっていた人間に「裏切られる」という、天国に一度引き上げておきながら、そこから思いっきり地獄へ叩きつけられた思いを味わう等々・・・・・・もう、自分で書いていても、散々だと思うようなばかりの人生である。


・・・そして今、私は、こういうことを少しでも理解してくれる「友人」とかそういう存在にすら、恵まれても何でもない。今は完全に、「友人」などと呼べる人間は全く皆無の状態に陥っているのだ。mixiの心理系のコミュで、私の悩みを多少理解してくれてマイミクになった人も、ここ数ヶ月調子が悪くてmixiにアクセスできなかった間に、mixiを退会してしまっていた。私に何の予告もなく。仮にネット上でも、「リア友」だと言ってくれたのに。・・・まあ、その人も、私に負けず劣らず「メンヘラー(精神的病人)」だから、ひょっとしたら私に先立って、「逝ってしまった」のかも知れないけれども・・・

 とにかく現在の私は、虚しくて虚しくてしょうがない。はっきり言って、ひとつ飲むだけですぐ死ねるカプセル、なんてものがあれば、喜んで飲む心境にあるような状況である。・・・だがしかし、私自身の本能と、世の中の強すぎる「自殺はダメだ」というメッセージが私を押しつぶして、死ぬことすらままならない状況だ。正直、ちょっと前に話題になった、某トイレ用洗剤を使った自殺方など、実は必要な薬剤は既に用意してある。・・・なのに死ねない。死ぬことを、もちろん誰も許してくれないし、自分自身(の本能)も全然許してくれない。こんなにも、こんなにも、つらい思いばかりしている人生しか送ってきてないのに・・・・・・


・・・何だか、書いてて、自分自身何が言いたいのかわからなくなってしまった。ドライアイになってしまった目も疲れたし、今日はこのへんにしておく。しかし、この文書だけでも、どれだけ私の抱えた「闇」が深いことを、どうか誰でもいいから、推察して思いばかってくれんことを・・・
関連記事