記事一覧

ナビスコ決勝の「不祥事」・・・騒ぎ過ぎじゃないんだろうか?

 筆者は、川崎フロンターレを長年応援している。当然、先日のナビスコカップ決勝も見に行った。個人的には、その試合内容にもツッコミどころ満載な気分なのだか、それよりも敢えて、今現在「社会的問題」となってしまった件について言及したい。


 例の、フロンターレの選手が、表彰式において「非礼」な態度をした、という件である。・・・ただ、しかし、実は私はこのシーンを実際に見ていない。FC東京がカップを掲げるシーンを見たくない、という以上に、「負けた」のに表彰台に上がらなければいけない、そんな「辛い」フロンターレの選手達の姿を見たくなかったために、試合が終わってすぐにスタジアムを出たからである。・・・しかしまさか、そこでの「態度」とかが、後でこんな「大騒動」になろうとは。。

 実際に見てもおらず、なおかつ映像でも確認していない(録画はしていたが、帰宅してすぐに消去した)ので、伝聞以上の事実は知らない。というわけで、今回の「非礼」の件について、私が認識しているのは以下の事項だけである。

 1 表彰式で、フロンターレの選手の幾人かが、かけられたメダルをすぐ外したり、握手を拒んだりした。
 2 更に、ガムまで噛んでいた選手までいた

 こういった「行為」をした事で、Jリーグや大会スポンサーなどにチームや選手達が実際に謝罪に行ったり、準優勝賞金の5000万円を返還する、などという騒ぎになっている。・・・しかし、フロンターレを擁護する意味ではなく、単純に私はこう思う。

「騒ぎすぎなんじゃないの?」

・・・と。

 そもそも、日本サッカー界は、元々頭が固すぎる、と、個人的に強く思ってきた。ユニフォームの胸スポンサーに、パチンコ業界やアルコール商品を一切認めない、などという話が、端的な例である。確かにパチンコ業界などは、裏にヤクザとのつながりがある等、黒い噂の絶えない業界ではあるが、パチンコ業界全てがそうというわけではないし、そんなレベルから目くじらを立てているようでは、街に数多くあるパチンコ店や、そこに通う人達を、真っ向から否定するようなものではないか。

 アルコール商品を認めない、という話については、もうあきれるしかない、というレベルになってしまっている。世界のサッカーを見渡してみても、胸スポンサーのみならず、UCLやEURO、W杯の大会スポンサーに至るまで、アルコール・メーカーは欠かせない存在となっている。そういう「事実」を無視して、相変わらず「青少年の教育に悪いから」的な理由だけで拒否し続けている日本サッカー界は、ホントに「頭が固すぎる」以外の何物でもない。


 今回の一件にしたところで、そうである。さすがに、表彰台でガムを噛んでいたり、握手を拒否した、などという件には私も眉をしかめるものの、端的に言ってしまえばその程度(眉をしかめる)の問題にしか思えないし、報道で主問題的になっているメダルをすぐに外した、という件などは、何故こんなにも「問題」ととらわれるのだろう?と、強く思ってしまう。例えば、98/99シーズンのUEFA Champions League決勝、バイエルン対マンチェスターU戦において、劇的な「敗北」を喫したバイエルンの、当時も現在も著名な選手であるマテウス(既に引退)は、表彰式で準優勝のメダルをかけてもらったあと、すぐさまメダルを外したのだが、こんな風に問題視されることはなかったと記憶している。むしろ、この行為は、「それだけ悔しいことの現れ」的な報道すらされたはずであった。・・・これに比して、今回の「大騒ぎ」ぶりは、一体何なのだろう!?


 そもそも、こういったことが必要以上に「大騒ぎ」されてしまう要因のひとつは、日本サッカー界が、変な義務感にとらわれて、「青少年育成のため」などという、高野連が高校球児達を無理矢理坊主頭にしていることと同レベルな、「稚拙な信念」を持ってしまっていることが原因なのではないかと思う。「青少年育成のため」、選手達はお手本となるような、品行方正な大人であるべきだ、という論理だ。・・・しかし、ことサッカーにおいて、こういったことを選手達や実際のプレーに当てはめるのは、はなはだ無理がありはすまいか?

 サッカーは確かに、ことある毎に「FAIR PLAY」と叫んではいるが、実際のピッチで行われていることは、相手のファウルを誘うためにわざと大げさに転んだり、PKを得るための「シミュレーション」などという行為があったり、更に言えば、相手の得点チャンスをつみ取るため、敢えてイエローやレッドーカードが出ることを承知で相手に荒々しいタックルをするような「プロフェッショナル・ファウル」と呼ばれる行為さえ存在するのである。そういった「現実」を無視して、日本だけ「サッカー選手は、青少年育成の模範として、品行方正であるべきだ」と叫ぶのは、無理や矛盾が多すぎることではなかろうか?


 どちらにしても、今回の「騒動」は、結局日本サッカー界が、「青少年育成のため」などという、「余計な義務感」、「サッカーには不適切なスローガン」を、不必要に抱え込んでいることが「原因」になってしまったと、私には感じられる。百歩譲って、今回の一連の出来事が「不祥事」であると認めたとしても、それにしても「ここまで騒ぐことはない」と、強く思ってしまうのだ。せいぜい、内部機構内での譴責処分および軽い罰金、という程度の処理で十分な話ではないだろうか?そんな話が、ここまで「大騒動」になってしまったのは、明らかに「頭の固すぎる」日本サッカー界の体質によるものであり、それを二流以下のジャーナリズムが更に火を煽るように面白おかしく報道している結果であるに過ぎない。


・・・それにしても、日本サッカー界の「青少年育成のため」とかいう話を聞く度に、いつも思う。日本サッカー界の重鎮達は、では、日本のサッカーがどの試合でも一枚もイエローカードが出されることなく、相手のファウルを誘うようなプレーが皆無となり、失点の危機に陥っても「プロフェッショナル・ファウル」をする選手など誰ひとりいない、という状況になれば、果たして彼らは満足するのだろうか?と。そんなのは「サッカーではない!」と私は強く思うし、仮にそんな状況が出来たとしても、そんなサッカーをしてる国の代表は、W杯出場すらままならないはずなのだが・・・・・・。
関連記事