記事一覧

「ままごとじみて」見えたW杯日本代表発表記者会見・・・その責任はマスコミに

 つい先日、W杯に臨む日本代表メンバーが発表されたが、私はその記者会見を見ていて、妙にそらぞらしさを感じてしまった。もっと言うなら、この記者会見そのもの自体が、「ままごとじみて」見えてしまったのだ。

 それの理由の一つは、誤解を恐れずに言えば、その記者会見はW杯に「醜態をさらしに行く」メンバーの発表に他ならないからだ。ほとんど国内でしか試合をせず、サッカーの「世界的常識」を知らない、「井の中の蛙」状態の代表チームなどに、いったい何が期待できるというのだろう?

 だがしかし、ここではっきりと言っておかねばならないのは、「醜態をさらしに行く」ような状況に追い込まれた責任は、少なくとも選手の側にはない、ということだ。では、その責任はどこにあるのかというと、他ならぬ、記者会見に集まったマスコミどもだ。

 それは普段の、現実離れした報道のされ方から、既に端を発している。日本国内でやる日本代表の試合など、ほとんどが単なる「テストマッチ」なのに、テストマッチとは絶対言わず、「FIFA認定国際Aマッチ」などという、海外ではまず聞かない表現で、普通のテストマッチもW杯の試合と同等かのように、無理矢理盛り上げる(視聴率を取るために)。おかげで「テストマッチ」なのにテストができず、いっつも内容よりも結果を求められるのが実情になってしまっている。

 「目の前の敵を、常に全力で倒さなければいけない」という、古すぎる日本的精神論も、それを邪魔しているだろう。テストマッチはあくまでもテストであって、新しい選手や戦術を試したり、結果よりも内容を重視すべき場所なのに、毎度毎度の「結果『だけ』」に、日本中が一喜一憂してしまっている。

 こんな状況が作り上げられたのは、あきらかにマスコミの功罪だ。視聴率を稼ぐためだけに、取るに足らないようなカードのテストマッチすら、「国際Aマッチ」だの「絶対に負けられない戦いがそこにはある」だのといって、無理矢理に盛り上げる。こと日本代表についていえば、「絶対に負けられない戦い」など、W杯本番まで皆無といっていいくらいなのに・・・

 そして、そういったテストマッチを、ほとんど国内でしかやっていない、という状況も、明らかにマスコミが作ったものだ。こちらから海外へ行けば、それなりに強いチームと対戦する可能性もかなり増すであろうに、そういったファクターを無視して、国内でばかり試合をやるのは、他ならぬ視聴率のためだ。国内でなら、ゴールデンタイムにキックオフ時間を合わせられるが、海外となるとそうもいかない。特にヨーロッパや南米あたりとなると、当たり前のようにキックオフ時間が深夜になってしまう。そうなったら視聴率どころの話ではない・・・。これがマスコミの本音だ。だからいっつも、試合は視聴率の見込める時間帯で行える国内でしかやらないのだ。

 そういったことの結果として、当たり前のことながら、日本は「井の中の蛙」も極まったような状況に陥ってしまっている。いっつも日本国内でやっているから、「日本仕様」のサッカーに慣れきってしまい、いざ本番のW杯における「世界仕様」に、全然ついていけないのだ。今までのW杯を終えた直後の日本代表選手の言葉を拾っていくと、それがよくわかる。


--「審判が全然笛を吹いてくれなかった」
  当たり前である。日本のサッカーで、軽々しく笛が吹かれ過ぎなのだから。世界的には、かなりラフなプレーであっても、ファウルと明確に認められなければ、極力流してプレーを止めないようにするのが「世界的セオリー」だ。少なくとも、W杯の審判基準として、日本のサッカーよりも、ヨーロッパや南米のサッカーの方が採用される確率がはるかに高いことぐらい銘記せよ!

--「コンフェデ杯の時のブラジルと、全然違った」
  これも当たり前。というか、日本人がコンフェデ杯を重視し過ぎ(そういう錯覚をもたらすマスコミの責任)。ブラジルはもちろん、多くの国にとって、コンフェデ杯とW杯じゃ、プライオリティーもモチベーションも全然違う。そういう「世界的常識」を知らない段階で、はっきり言ってどうしようもない!!


 上記のような状況、すなわち、全然サッカーの「世界的常識」を認知できず、「井の中の蛙」も極まった状況になってしまっているのは、ここまで書いてきたとおり、明らかにマスコミの功罪なのである。


・・・話を最初に戻すが、W杯日本代表発表記者会見では、ここまで述べたとおり、日本代表を貶めた他ならぬ犯人であるマスコミどもが大勢集まって、真剣な表情で質疑応答したりしている。その光景こそが「そらぞらしい」、「ままごとじみた」行為でしかない、と、今まで書いたような理由によって、私はそう感じたわけだ。自分たちで弱めておいた相手に対して、真剣に「W杯で勝てますか?」などと聞いている・・・。こんな行為、醜悪な戯曲以外の、いったい何だというのであろう!?


・・・今回は、マスコミの功罪をメインテーマにして書いたが、私が日本代表について結局言いたいことは、「やっぱり今回もダメに決まってる。原因は色々あるが、とにかく『世界』を知らなすぎる!」ということである。そういうわけで、スカパー視聴環境があってW杯全試合を見れる私だけれども、やっぱり日本代表絡みの試合はちっとも観る気がしないのでありました。
関連記事